肥満とは?肥満の種類

肥満とは?

「肥満」とは、どういう状態を指すのでしょうか。
「肥満」は身体の中に、一定以上に体脂肪が増えすぎた状態をさし、
体重・身長と体脂肪・筋肉量と関係しています。
体重が重くても骨が丈夫で、筋肉量が多ければ肥満とはいいません。
また体重が少なくても、骨密度が低く、筋肉量が少ないと肥満の場合があります。
ここでは肥満にどんな種類かあるか見てみましょう


皮下脂肪型肥満(洋ナシ型肥満)
脂肪はエネルギーの貯蔵庫。脂肪がどこに多く蓄積されるかによって、
大きく二つに分けられます。
腰回り、おしり、太ももなどの皮膚の下に蓄積されて、体型が、下膨れのようで、
洋ナシに例えて、皮下脂肪型肥満を洋ナシ型肥満ともいいます。
女性に多く、比較的生活習慣病になりにくい。
しかし女性特有の癌や、循環器障害や消化器障害、排尿障害などの原因となることもあります。
その蓄積された脂肪は、なかなか痩せにくく、腹部などの場所で、
外から手でつかむことが出来きます。


内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)
皮下組織よりも、胸から下、腹部の内臓の周りの腸間膜に蓄積され、
体型は腹部が膨れた様をリンゴに例えて、内臓脂肪型肥満をリンゴ型肥満ともいいます。
男性に多く、蓄積された脂肪は血液中に戻りやすく、生活習慣病の原因になります。
また蓄積された脂肪は、日常生活のエネルギーとして使われるので、
運動や食事に注意をすれば、割合早く減らすことができます。
内臓脂肪は、外から手でつかむことは出来ません。


かくれ肥満
外見からは判りにくい「かくれ肥満」は、体重の軽い重いで肥満と判断できません。
やはり、かくれ肥満にも「皮下脂肪型」と「内臓脂肪型」の2つがあり、
自覚されにくいため、返って肥満のリスクが進み、メタボになりやすいので、
体重だけを測るのではなく、体脂肪率にも注意が必要です。
かくれ肥満の原因や、対処法等詳しく見てみましょう。


サルコペニア肥満
近年新しく耳にする言葉だと思いますが、
加齢や、運動をしていないため、筋肉量が減少してゆくのに、体重があまり変わらなくて、
脂肪の割合がだんだん増えていく状態を「サルコペニア肥満」といいます。
外見からわからないことから、「かくれ肥満」とにていますが、
「かくれ肥満」は筋肉量低下とは直接関係ありません。
高齢者に多い「サルコペニア肥満」ですが、
最近は若い人にも多くなっているので、問題になっています。