オメガ3系必須脂肪酸のDHAとEPAの人体にもたらす優れた効果

DHAの特徴・効果の違い


DHAは、青魚のマグロやサバに多く含まれていて、脳細胞・脳神経細胞の原料でもあり、
脳の発育や神経伝達機能に関係します。
DHAを食品やサプリメントで摂取することにより、脳が活性化し、記憶力が良くなったり、
近年では、高齢者の軽度認知症の認知機能の改善やアルツハイマー病の予防として、
研究が盛んに行われています。

また、神経伝達構造のシナプスから出る「幸せホルモン」と言われている、
セロトニンの量を増やすので、精神を安定させ、うつ病の予防改善に効果があります。

DHAは網膜や視神経にも多く存在し、母乳にも多く含まれており、
乳幼児の脳や目の発達に良い効果があるし、
視力がよくなるので、大人の動体視力の向上にも役に立ちます。
また、花粉症やアトピーなどのアレルギーの改善に効果があるという報告もあります。

最近では頭が良くなる栄養素としてTVなどで有名になっていますが、
昔、日本の子供の知能指数が、世界平均と比べて高かったのは、
水産国日本の、魚をよく食べていた食生活が原因だったと言われています。
10年前頃から、魚貝類の摂取量が、肉類中心の欧米型食生活にとってかわられ、
脂肪の摂取量は増えているのに、青魚に多いDHAやEPA摂取量は減ってきました。

魚貝類に含まれるDHAやEPAは、中性脂肪やLDLコレステロールの低下に、とても有効ですが、
厳密には悪玉LDLコレステロールはDHAの方が、より下げる効果があるそうです。

健康に良いとのことで、沢山摂取しても、脳や神経系に運ばれるDHAは血液中では、
ほぼ一定の量が保たれるので、EPAに比べ増えにくいし、
過剰の摂りすぎは、良くありません。
厚労省では、成人のDHAの一日必要量は、500㎎から1000㎎で、
過剰摂取は血液が固まりにくくなったり、下痢や嘔吐を起こす原因になります

摂取量を守るためにも、サプリメントのDHAやEPAの一日当たりの成分量を
しっかり確認する必要があります。

DHAとEPAを含むサプリメントの中で、殆どがEPAよりDHAの方の成分量が多いのがですが、
その中でも特にDHA成分をしっかり含有し、抗酸化にクリルオイル(アスタキサンチン)を使って
吸収率を高くし、しかも一番コスト面に優しいのが、「DHAサプリメント きなり」です。




EPAの特徴・効果の違い


20歳代から血管は老化が始まり、加齢や動脈硬化で血管の柔軟性が無くなり、
血管が細くなって、血行が悪くなりますが、
EPAは血管を柔らかくし、血液の成分をコントロールします。
血液を凝固させる血小板の、凝集を抑制する効果が高いので、
血液はサラサラ流れやすくし、日本人に多い死因を占める、
血管の詰まりや破れの原因を、回避してくれる効果があります。

約50年前、高緯度の寒い所に住む、魚やアザラシを主食としている、
イヌイットの人達は、脂肪やコレステロール摂取量が白人と同等以上なのに、
血栓症の心臓病が白人に比べ、大変少ないことから研究され、
イヌイットの血液中には、EPAが多く含まれていることが判りました。

その後も血液、血管に関して多くのデータから、
EPAが、特に血液中の中性脂肪を減らす効果があることが注目され、
EPAは、脂質異常症や動脈硬化の医療用医薬品として、現在も治療に利用されています。

食生活の変化から増加した、心疾患や癌の予防に効果があり、
転移性のがん細胞が、血管に付着するのを抑える働きもあります。

またEPAは、アレルギー症状にDHAよりも効き目があり、
抗アレルギー薬が持つような副作用がなく、症状を緩和します。

EPAは抗炎症効果もあるので、手術後の炎症を抑えたり、
激しい運動後の筋肉細胞のダメージを少なくし、筋肉痛を抑えます。
血液サラサラ効果で、運動時の貧血を予防したり、持久力も上げます。
膝の軟骨細胞にも効果があり、中高年の方に続けてほしい栄養素です。

EPAはDHAと同じく、精神安定効果があるので、鬱やストレスがたまりやすい方は、
予防のためにも、EPAを日頃から摂取していると安心です。

厚労省での成人1日のEPA目標摂取量は1000㎎以上で、
イワシ・サバ・サンマなどに多く含まれ、DHAと比べ、サプリメントも比較的安価。
しかし摂りすぎは、やはり血液の凝固を抑える働きがあるために、
出血が止まりにくいことが起こるので、怪我などしないよう気を付ける必要があります。
 
簡単に言えば、DHAは脳や神経に、EPAは血管に関係する必須脂肪酸ですが、
DHAもEPAも酸化しやすいのが難点で、特にEPAはより酸化しやすいので、
サプリメントも、酸化しにくい状態のものを選ばなくては、
身体の中で、DHAやEPAの成分が吸収されず、無駄になります。

各社は製品のサプリメント自体に、抗酸化成分の、
セサミンやビタミンE・C、アスタキサンチン、オリザプラス等を配合したり、
特別な製造方法をとって、酸化しやすいDHAやEPAの吸収率を、高める工夫をしています。
また、魚臭さがほとんどなく、飲みやすさも大切ですね。

EPAの優れた効能に特に注目し成分量も多く、直接ハードカプセルに入れて、
酸化を防ぐ工夫をし、コスト面もうれしいおすすめのサプリメントは、
「フローレスEPA サプリメント」です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。