血液中の善玉HDLコレステロールと悪玉LDLコレステロール



血液中の善玉HDLコレステロールと悪玉LDLコレステロール


体内のコレステロールのうち、食べ物から摂取されたものは約3割。
残りの7割は糖質や脂肪酸を材料に、主として肝臓のほか皮膚、腸粘膜、
副腎、腎臓、卵巣、精巣などで合成されます。

中性脂肪もコレステロールも、身体に必要な脂質ですが、コレステロールは体内の構造脂質、
中性脂肪はエネルギー源の貯蔵脂質として使われます。
コレステロールは細胞膜の成分として、副腎皮質ホルモンや性ホルモンの原料となったり、
胆汁酸の原料となり、消化作用を助けます。
また、ビタミンDの材料として生命維持にも重要な役割を果たしています。

健康な状態では、中性脂肪も、コレステロールも、血液中での濃度は一定に保たれるのですが、
カロリーオーバーの肥満や加齢等で、次第に脂質が処理できなくなり血中濃度が高くなります。
血液中に脂質が増え過ぎる(脂質異常症)と、血液中では低比重リポタンパクに包まれた、
LDLコレステロールの割合が増え、血管壁にコレステロールを沈着させ、血液の流れを悪くします。
血液はドロドロ状態になり、動脈硬化を促進させるので、
LDLコレステロールを悪玉コレステロールと呼ばれています。

これに対し、高比重リポタンパクに包まれたHDLコレステロールは、
余分のLDLコレステロールを回収し、肝臓へ戻して動脈硬化を防ぐ働きがあるので、
HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれます。

血液検査で数値が「高コレステロール」となっていても、
これといった気になる自覚症状がないので、動脈硬化から怖い危険な病気を発症するまで、
殆どの方は何も対処しないで、そのままです。
しかし、コレステロールは身体に必要不可欠なものだけど、血液中の脂質が多すぎて、
悪玉のLDLコレステロールが増え過ぎると、動脈硬化が進み、血液の流れが悪くなって、
命にかかわる怖い病気につながるので、コレステロール数値には細心の注意が必要です。

血液は、ドロドロでなくサラサラと抵抗なく全身の末端まで流れ、
新鮮な酸素や栄養分を全身の細胞に与え、そして二酸化炭素と老廃物を回収する、
大切な役目を果たしているからこそ、私達は元気で活動できます。



悪玉LDLコレステロール値を高くする原因


血行を悪くする悪玉LDLコレステロールを増やしている原因として
・食べ過ぎによる内臓脂肪型肥満である。
  肥満は死因の大部分に関係しています。
  良くない生活習慣で肥満になり、改善しないのが怖い危険な病気の、そもそもの始まりです。
・便秘
  食物に含まれるコレステロールは、全てが体内に吸収されるのではなく、
  約6割は便として排出されます。
  また、腸の中に食物繊維がたくさんあると、胆汁酸は吸収されずに、
  便として体外に排出されて、体内の胆汁酸が不足した状態になります。
  肝臓は新しく胆汁酸をつくるために悪玉LDLコレステロールをどんどん使うので、
  血液中のLDLコレステロール値は下がります。
  つまり、食物繊維によって血液中の悪玉LDLコレステロールは減少するのに、
  便秘は、悪玉LDLコレステロール値を高くする原因になります。
・糖尿病
  日本人の糖尿病の20~50%の方が脂質異常症(高脂血症)と言われています。
・喫煙
  ニコチンが血管を収縮させ、血圧を上げます。
  また、悪玉LDLコレステロールを増やし、善玉HDLコレステロールを減らします。
・過度の飲酒
  適量のアルコールは、血行を良くし、ストレス解消にもなりますが、
  過度の飲酒は、中性脂肪を増やし、善玉HDLコレステロールを減らし、
  悪玉LDLコレステロールを増やしてしまいます。
・ストレス
  強いストレスは、副腎皮質ホルモンの分泌を活発化させ、血管が収縮し、
  血液中の悪玉LDLコレステロールを、増やすことにつながります。
・遺伝が関係
  両親または片親から、LDLコレステロール処理機能に異常があり、
  LDLコレステロール値が、高くなりやすい体質を受け継いでいるので、
  子供の時から、LDLコレステロール値が高くなり、早くからの治療が必要です。
・他の病気や薬の影響
  腎臓病や甲状腺機能低下、高血圧等の薬の影響で、
  血液中のLDLコレステロール値を高くしている場合があります。
・ビタミンC・Eの不足
  動脈硬化の原因のひとつであるLDLコレステロールの酸化を、防ぐのがビタミンCとEです。

動脈硬化を促進する悪玉LDLコレステロールを下げるには、これらの原因を取り除けばいいのです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。