肥満は乳がんリスクが高くなる

女性は太るほど乳がんにかかりやすい傾向がある、という結果が出ています。


これまで日本人を対象とした研究では明らかになっていなかった、
肥満と閉経状況別の乳がんとの関係について、18万人の大規模な対象集団を設けて、
追跡期間中に乳がんになった1783人を、長期にわたって観察し、
質の高いデータ解析研究成果を、国立がん研究センターのチームが、
欧州の癌専門誌に発表しました。   (2014年10月7日 国立がん研究センター 発表)

約12年間の追跡結果、BMIによる乳がんリスクを比べたところ、閉経前後ともにBMIが大きくなると、
乳がんリスクが高くなる傾向があることがわかりました。

閉経前ではBMI30以上の肥満グループが、BMI23以上25未満の基準値グループと比べて、
2,25倍乳がんにかかりやすくて、リスクが最も高くなります。
閉経後乳がんでは、BMIが1上がるごとにリスクは5%上昇するという
統計的関連性があることがわかりました。 

BMIと閉経後乳がんリスクとの関連は、閉経後に肥満女性では卵巣よりも,むしろ
脂肪組織が主なエストロゲン供給源になるという性ホルモン関連のメカニズムでも説明できます。

乳がん予防の観点からは、痩せているほうがリスクが低いことが示されました。
しかし、痩せて栄養不足は、免疫力を弱めて感染症を引き起こしたり、
血管壁がもろくなり脳出血を起こしやすくすることも知られています。

国立がん研究センターは総合的な健康にも配慮し、
中高年女性のBMIの目標値としては、21以上~25未満を推奨しています。





また国立がん研究センターでは「日本人のがん予防法」として、
現時点で科学的に妥当な研究方法で明らかにされている結果をもとに、
以下の6項目について「日本人のためのがん予防法」を提示しています。
(これは今後いろいろな研究により、修正や削除や項目の追加の可能性があります。)

①喫煙・・・たばこは吸わない。他人のたばこの煙をできるだけ避ける。
②飲酒・・・飲むなら、節度のある飲酒をする。
③食事・・・食事は偏らずバランスよくとる。
  *動物性脂肪はリスクを上げる。
   牛・豚・羊の赤肉・加工肉は大腸がんのリスクを確実に上げる。
  *塩蔵食品、食塩の摂取は最小限にする。
  *野菜や果物不足にならない。
  *飲食物を熱い状態でとらない。
④身体活動・・・日常生活を活動的に。
⑤体形・・・適正な範囲に。
⑥感染・・・肝炎ウイルス感染検査と適切な措置を。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。