深刻な高齢化社会の、ロコモティブシンドロームを理解しよう。

高齢化社会と共に増えるロコモ


ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)は、運動器の障害のために、
運動能力がだんだん低下し、要介護となる危険の高い状態、のことをいいます。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が引き起こす生活習慣病は、
以前「成人病」と言われ久しいのですが、
ロコモティブシンドロームという言葉は、比較的新しく、2007年日本整形外科学会が、
超高齢社会の日本の将来を予想し、ロコモという概念を提唱しました。

骨折や骨粗しょう症、変形性関節症や変形性脊椎症、神経障害や加齢性筋肉減少症
などによる障害が、疼痛・関節可動域制限・筋力低下バランス能力低下等の原因となり、
その結果歩行障害となって、生活活動や、社会的な参加が制限され、介護が必要になって、
ゆくゆくは、寝たきり状態になるというのが、ロコモの概念で、
「メタボ」が病的な状態を指すのと、同じ発想で「ロコモ」と言います。

ロコモは、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器の中で、
加齢や肥満が原因で、身体に障害が起こり、自分で歩いたり、
毎日の生活をスムーズに送るのに、何かの不都合が起きている状態をいいます。

十数年前から高齢化社会が続き、平均寿命の延びと共に、今後も続くと推測される、
日本の超高齢化社会を考え、高齢になっても出来るだけ、自分の足で歩くことができ、
元気に毎日を過ごすためにも、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが、必要となりました。

健康寿命とは、健康上取り立てて問題がなく、日常生活を送れる、
心身共に自立した状態での生存期間のことで、
平均寿命から健康寿命を引くと、その差が、何らかの手助けが必要な期間、
つまり 要支援、要介護、寝たきりになる期間、ということです。
最近は、男性は約9年間、女性は約13年間といわれています。

平均寿命が延びるのは、喜ばしいことですが、これからは、
それと共に、健康寿命も延ばすよう、個人も社会もいっそうの努力が必要です。
介護が必要になる原因は、骨折や転倒、関節の病気、脊髄損傷等運動器の障害が、
25%と最も多く(2013年厚生労働省国民生活基礎調査による)、
脳卒中(19%)や認知症(16%)より多いのが現状です。

ロコモ予備軍は、国内で今や4700万人と推測され、私も、あなたもロコモになる可能性大です。
加齢と共に筋力低下や、バランス感覚低下になり、骨粗鬆症や、腰痛・膝関節痛等が起こると、
活動量が減り、互いに関連しあって悪循環になって、ますますロコモの危険が近づきます。
ご存知でしょうが、筋肉量も骨量も20代が最大で、加齢と共に低下が始まるので、
ロコモは高齢者だけの問題ではありません。
若いうちからの予防が大切で、丈夫な運動器の維持に心がける必要があります。

介護が必要になったり、寝たきりになることは、本人だけでなく、
家族など周囲の人にとっても、生活を一変してしまう大きな出来事です。
また社会全体にとっても、介護医療費の増大により、
国や自治体は、財政難等の深刻な問題を抱え、公共サービスは年々削られています。

ロコモを予防し、健康寿命を延ばすために


(平成26年11月追記)
厚生労働省は、都道府県別に健康寿命の値を出していますが、
静岡・愛知・群馬・鹿児島・石川県が長く、
分析した東北大の辻一朗教授によると、理由ははっきりしないけれど、
緑茶や野菜を多く摂る県の、健康寿命が長い傾向があった、そうです。
しかし、静岡や愛知が長いと言っても、ミカンと健康寿命との関連性は、見られないそうです。

「大切なのは、人とのつながり。社会参加できる環境づくりです。」と、辻教授は強調しています。
就職率が高いと健康寿命も延びる傾向にあり、ボランティアや地域活動でも
同じような効果がありそうだと、はなしています。
「人のお役に立つような何かをする」ことが、精神的・肉体的にひいては、
自分にプラスになるということでしょう。

自分のためのみならず、大切な家族や友人のためにも、40代からでも早すぎることはありません。
私達一人ひとりが早くから、運動器の健康維持を心がけると共に、
社会の一員として、孤立するのでなく、協調・共生していく必要があります。

ロコモ予防には、運動をすることで筋肉量の減少をくいとめたり、
バランス良い食生活で、腰や膝の負担になる肥満を解消し、
栄養がかたよった無理なダイエットで、骨や筋肉が弱くならないようにすることが大切です。
若い時からの日常の食生活や運動が、ゆくゆくは老後の自分の健康を左右することを忘れないで。

厚生労働省研究班のまとめによると、
40歳代に比べて身長が2㎝以上縮んだ高齢女性は、介護が必要になるリスクが2倍高くなる
男性の調査数が少なく不明ですが、追跡調査では特に女性にリスクが高いことが判りました。
姿勢が悪くなると肺炎などにかかりやすく、気付かない内に背骨が折れていることもあり、
身長を定期的に測ることで、要介護のお年寄りを減らせるかもしれない、とあります。

前かがみの姿勢は、胸や腹部が圧迫されて肺炎や心臓病の病気にかかりやすくなります。
また、背骨の骨折は気付きにくく、3分の2は放置されていて、背骨が1か所折れると、
別の骨も折れやすくなる傾向があるので、年に一度は身長を測り、2㎝以上縮んでいれば、
骨折していないかを調べ、治療して次の骨折を防ぐべき、としています。
女性は40代以降、ホルモン量が変化するので、骨密度には特に注意しなければなりません。

要注意!!筋肉少ない男性、死亡率が2倍に


(平成27年3月追記)
厚生労働省研究班のまとめによると、
筋肉量が少ない高齢の男性は、死亡率が約2倍にはねあがるという調査結果がでました。

放射線影響研究所(広島市)で定期的に健診を受けている47歳~92歳の一般男性の
626人の全身の筋肉量・骨量・骨密度を、1994年~95年にX線で測定した結果、
筋肉量が40歳以下の標準値の8割より少ない人の割合は、
60歳代で52.8%、70歳代で70.6%と、高齢になるほど多かった。

測定した626人を12年間追跡した結果、この間197人が死亡しましました。が                
筋肉量が40歳以下の標準値の8割より、多い人と少ない人の、
二つのグループに分けて調べたところ、
死亡率は、年齢などほかの影響を除いても、筋肉量の少ない人の方が1.9倍高かった。
死因別でみると、肺炎や慢性閉塞性肺疾患など、呼吸器の病気が2.6倍高かった。
しかし、癌や脳卒中などでは、有意な差はなかった。                

筋肉量が少ないと、加齢により全身が衰えて、免疫力や抵抗力が落ち、
肺炎など呼吸器の病気になる危険性が、高まるためではないかと分析しています。

同じく、女性についても調査しましたが、男性ほど明確な差は出ませんでした。
元々女性は男性に比べ筋肉が少なく、
加齢に伴う筋肉量低下が男性より緩やかなためとみられます。
「筋肉は何歳になっても鍛えて増やすことができるので、
日常で少しでも身体を動かし、筋肉を維持してほしい。」と、調査した、
広島原爆傷害対策協議会健康管理・増進センター所長の藤原佐枝子さんは、話しています。

あと10分 身体を動かそう


(平成27年3月追記)
骨や関節、筋肉の機能が落ちたり、それらに痛みが出たりすると、
私達は整形外科や整骨院に行きます。
誰でも単に年を取れば、そうなるという事でなく、
一人ひとりの身体活動等の生活習慣が、
ロコモの発症やその悪化に、かかわっていることがわかっています。
ロコモは生活習慣を改めば、予防できる。
年齢が高くても、実行さえすれば、今からでも改善できる可能性があるのです。

身体活動は人間が身体を動かすこと、全てを言います。
運動と生活活動という二つの要素から成り立っていて、
生活活動は、日常生活上必要な労働や家事に伴う活動で、
買い物や洗濯、掃除、料理等家事全般や、通勤や就労中の仕事全般の労働を含みます。

以前は、筋トレやスポーツなどをしないと、健康になれないというのが通説でした。
しかし、今日では、日常生活を一生懸命やるだけでも、
運動と同じような効果があることが、わかってきました。
1日2~3分、身体を動かすと、転んで骨折する時期を1年ぐらい遅らせる事が、
疫学研究で示されています。

片足立ちを1分ずつ、両方で2分、さらにスクワットを1分。これで2~3分の運動になります。
テレビのコマーシャル時毎にでもやれば、気軽にできて、いいトレーニングになるのです。
また、身体を健康に保つには、「痛い」と感じるのは良いことでなくて、
「気持ちがいい」と感じてやれば、効果は大きくなります。
筋トレと、ストレッチの組み合わせは、ロコモ予防にとても有効だ、と言われています。

厚生労働省は、「プラス10」という考え方を提唱しています。
今より10分、身体を動かすだけで健康寿命が伸ばせるということです。
18~64歳なら、早歩きや、階段を使って昇り降り、
65歳以上なら、歩いて買い物にいったり、孫の送り迎え等、
日常生活上、歩くことでも、家事でも仕事でも、何でもよく、
また、10分まとめてとる必要がなく、5分が2回でも、2分が5回でも構わない。
自分の生活に取り入れられる事から、1分からでも生活に加えるが大切ですと、
国立健康・栄養研究所健康増進研究部長の宮地元彦さんは、話しています。


参考
A 日本人の平均寿命と健康寿命(平成22年統計)
   男性 平均寿命 79.55(平成24年では 79.94世界5位) 健康寿命 70.42
   女性 平均寿命 86.30(平成24年では 86.41世界1位) 健康寿命 73.62

B 2014年7月31日 厚生労働省発表「簡易生命表」より、平成25年に
    男性 平均寿命 80.21
    女性 平均寿命 86.61
  医療技術の進展により男女共「人生80年時代」に入ったが、
  まだ、平均寿命は延びる余地がある。           (平成26年8月追記)
 
C 世界の平均寿命上位5か国・地域(日本は平成25年度。一部は、それ以前の資料)
   男性 香港        80.87     女性 日本    86.61
       アイスランド    80.8          香港     86.57
       スイス       80.5          スペイン   85.13
       日本        80.21         フランス    85.0
       シンガポール   80.2          スイス    84.7
   



関連サイト
  肥満は早めの対処で早く解消

  肥満解消のための減量

  中高年男性の多くが陥る肥満の原因

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。