肥満解消のための減量



減量は、食事を抜くなどで、短期間で体重を減らせば、
どうしても身体に無理がかかり、結局は身体の不調が現れるので、
そんな方法は、おススメしたくありません。

私自身のことですが、妊娠前は、結構スリムだったのに、出産以後、
母乳育児で、太ることに何の疑問も持たず、返って、周りの人達の応援で、
徐々に体重は増えていきました。
二人目の出産後も、体重の増加や体型の変化に、そう気にも留めませんでした。
子供達が小学生の頃からか、私のウエストサイズが9号から11号となり、
今では13号になっています。

何年間も、毎日の積み重ねで、増えた体重なので、毎日努力を積み重ねて、
減らしてゆかねばなりません。
ごく身近な事を、自分がこれなら出来るという行動を、
ひとつやふたつからでもいいので、取り入れ習慣化して実行します。
例えば、ご飯茶碗を小さく、子供用茶碗にするとか、
近くのスーパーの買い物には、必ず歩いて行くとか・・・
そしてその努力を、サポートしてくれるサプリメントや、グッズあれば、
減量効果が上がり、肥満を解消しやすくなると思っています。

人は20代をピークに、40代ともなれば、身体の老化が始まるので、
肥満からくる手ごわい生活習慣病を、甘く見てはとても危険です。
肥満で悩んでいる、若い人から、中年、高齢の方、肥満にサヨナラしたいですよね。
私は、体脂肪率35%前後なのですが、男性で30%、女性で40%ぐらいある方は、
もっと危機感を感じて、自分が続けられる行動を、早く実践すべきだと思います。

肥満解消には、自分がこれならやれる、やってみようと思うことを、継続実行するのみです。
ただ、体重を減らすために、食事面だけに目を向けるだけでなく、
無理のない、身体を動かせる行動を、一緒に取り入れるようにします。
すぐには目に見えて変化はないかもしれませんが、継続してゆけば、
確実に、何かのいい変化に気付くはずです。




関連サイト
  肥満は早めの対処で早く解消

  深刻な高齢化社会の、ロコモティブシンドロームを理解しよう。

  中高年男性の多くが陥る肥満の原因

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。