肥満は早めの対処で、早く解消

肥満の解消
自分は太っている、肥満である、肥満から抜け出したい、と思う時、
どうすれば肥満を解消できるでしょうか。
簡単に言えば、肥満の原因を取り除けばいいのですが、
より具体的に、肥満の要因である、食事と運動面から、
解消出来る方法を紹介いたします。
どれでも自分ができることを、多方面に選んで、継続実行してください。


食べる量を見直す
食べ過ぎは、やはり肥満になります。食べたエネルギー以上を運動で消費しようとしたら、
すでに肥満気味の人にとっては、至難の業です。
それより、食べる量を少しずつ控えて、摂取カロリーを減らせば、
余分な体脂肪が蓄積することもないですね。
食べ過ぎないために、食器を小さくしたり、食事前に水分やスープ類を先に摂るのも、
いい方法でしょう。


食事の質を見直す
甘い砂糖の摂りすぎは肥満以外にも、身体に悪い結果を招きます。
但し作物などに含まれる炭水化物のかたちで摂る糖分は食物繊維として、
また、筋力低下にならないためにも必要不可欠です。
5大栄養素をバランス良く含む食事を、きちんととることが、
結局は健康的に、肥満の解消につながる道になります。


調理方法を見直す
油脂を使う調理の「揚げる」「炒める」より「茹でる」「焼く」「蒸す」の方が
エネルギー量が少ないし、動物性油より植物性油の方が、身体にやさしいです。
濃い味付けは、ご飯の食べ過ぎにつながるし、高血圧の原因になるので、
日頃から薄味に慣れておきましょう。
高カロリーで、野菜不足になりがちな、外食や加工食品は、なるべく利用しません。


食べ方を見直す
食事の時、先に食物繊維の野菜から食べ始める。
一口30回、よく噛んで、食事はゆっくりと。
夜食は肥満の原因になります。就寝3~4時間前までには、食事を済ませます。
高エネルギーのお酒、糖分の多いジュースや清涼飲料水は止め、緑茶・水を飲む。
楽しく食事をし、ストレスは食べること以外で解消する工夫をしましょう。


運動を見直す
食事を見直すだけでは、健康的な肥満解消になりません。
運動をすることで筋肉量の減少を防ぎ、体脂肪は減少させます。
体脂肪を燃やす、有酸素運動を行い、基礎代謝を高める、筋トレを取り入れます。
また日常生活で、こまめに動き、出来るだけ徒歩で外出し、階段を利用する。
家の中では、歯磨き中など少しの時間を利用して、正しいスクワット運動や、
つま先立ち、片足立でバランスを取る動きを習慣にします。
肥満解消のための減量
減量は、食事を抜くなどで、短期間で体重を減らせば、 どうしても身体に無理がかかり、結局は身体の不調が現れるので、 そんな方法は、おススメしたくありません。 私自身のことですが、妊娠前は、結構スリムだったのに、出産以後、 母乳育児で、太ること
深刻な高齢化社会の、ロコモティブシンドロームを理解しよう。
高齢化社会と共に増えるロコモ ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)は、運動器の障害のために、 運動能力がだんだん低下し、要介護となる危険の高い状態、のことをいいます。 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が引き起こす生活
中高年男性の多くが陥る肥満の原因
  中高年男性の多くが陥る肥満の原因 男性、それも中高年男性によくみられるのが、内臓脂肪型肥満。 よく見かけるのが、みぞおち下ぐらいから、お腹がふっくら胴まわりが太ってきて、 それが段々と、ぽってり膨らみ、遂には腰ではなく、 大きくなったお腹の下