肥満遺伝子要因の約30%は遺伝する?

では、肥満は遺伝するのでしょうか

遺伝は、両親の遺伝子が、子に伝わることですが、
肥満になる要因は、他の遺伝、例えば性格や能力、病気のリスクなどと同様で、
「遺伝子要因」だけで決まるのでなく、
後天的な「環境要因」が、おおいに関係しています。
肥満については、一般に、「遺伝子要因」30% 
                 「環境要因」70%が関係しているといわれています。

親が肥満でも、活動的な子供は肥満でないし、
生長しても、よく身体を使い運動好きな大人は、肥満でありません。
その反対に、肥満でない親でも、運動嫌いで、食べるの大好きな子供は太っているし、
その後も、あまり動くことがなく育った大人は、肥満気味になっています。

現在、基礎代謝量に影響する肥満関連遺伝子は、10種類あることは判っていますが、
その遺伝子要因も、確かに子に伝わるので、同じ食生活をし、同じような生活習慣をすれば、
元々親子ですから、同じような体型になるのは、当たり前ですよね。
統計的に、肥満でない両親から生まれる肥満の子は10%。
     父親のみが肥満の場合は、40%、
     母親のみが肥満の場合は、60%、
     両親とも肥満の場合は、80%という確率で、
子供が肥満になるといわれています。

20年前に、米国で、マウスを使っての実験から、食欲をコントロールする物質が
「レプチン」であり、その「レプチン」というたんぱく質を作っている、
肥満遺伝子(ob遺伝子)の存在がつきとめられました。
レプチンが正常に働かないマウスは、全て肥満になりますが、
人間の場合、ob遺伝子の異常でにより、全て肥満になるとは限らず、
まだハッキリとは、わかっていません。
しかし、レプチンが正常に働いていれば、肥満防止になることは間違いないようです。

近年そのアメリカで肥満の子供が増え、子供の糖尿病が問題になっていますが、
日本でも食生活の欧米化と共に、肥満の子供の糖尿病が社会問題となってきています。
もしあなたが肥満気味体型で、ご自分の子供が肥満傾向なら、
自分自身の健康のためにも、子供さんのためにも、
生活習慣を少し変えて、食事は腹八分目で、なるべく身体を動かす生活を、
子供さんと一緒にされたら、子供さんの肥満の心配はなくなると思います。


世界には飢餓で苦しんでいる人が、11億人いると言われている現代、
先進国を中心に、同じくらいの人数の人達が、肥満で悩んでいます。
日本も、近年の食生活の変化で、肥満人口が増加し続け、
男女合わせて、人口の約2割が肥満にあたるそうです。
そのため、健康問題や経済問題にもなっていますね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。