肥満は遺伝するって本当?

肥満は遺伝するって本当?
親子は、体型や顔立ち、仕草や習慣等、どことなく似るのが普通です。
肥満要因の遺伝子も存在しているし、やはり親が肥満だと、
子供は肥満が多いですが、必ず肥満になるとは限りません。
子供時代は親が、大人になってからは本人が、しっかりと健康管理をし、
肥満の予防に留意すれば、肥満は避けられます。


妊娠中からの注意
妊娠中、いくらお腹の子の為にといって、脂肪や炭水化物を取り過ぎると、
脂肪細胞の数が増えたり、細胞自体に脂肪をためやすくなることが分かっています。
特に妊娠末期の妊婦、生後1歳までの乳児、思春期の青少年は、
肥満細胞が増殖する時期に該当するので、
過剰なエネルギーの取り過ぎには、注意が必要です。
胎児の歯の生成は、妊娠初期に始まるので、歯が丈夫な子を産むためには、
母親自身が丈夫な歯を心がけ、必要な栄養素をバランスよく摂取することが大切です。


体内時計
体内時計のメカニズムは、人体の時間遺伝子に組み込まれていて、
一日24時間周期を、生活習慣に合わせて、人体の臓器細胞レベルから、
様々なリズムをコントロールしています。
体内時計には、ある一定の規則がありますが、1日毎、朝日を浴びることで、
リセットされますので、健康的な生活にいつでも戻すことは出来ます。
理想的な体内時計による生活で、肥満によるメタボリックシンドロームや、
生活習慣病の予防を始めましょう。

身近になった遺伝子検査
簡単に出来る遺伝子検査 ネット上で、簡単な方法で出来る色々な遺伝子検査のお勧め情報が載っています。 最近では、芸能人の遺伝子検査による、親子鑑定が話題になって、 その賛否両論の関連番組がテレビで放映されたりで、 「遺伝子検査」についての関心が増えて
肥満遺伝子要因の約30%は遺伝する?
では、肥満は遺伝するのでしょうか 遺伝は、両親の遺伝子が、子に伝わることですが、 肥満になる要因は、他の遺伝、例えば性格や能力、病気のリスクなどと同様で、 「遺伝子要因」だけで決まるのでなく、 後天的な「環境要因」が、おおいに関係しています。 肥