睡眠不足が、肥満の原因の一つになる?


不眠と睡眠不足が肥満の原因


現代人の睡眠に関する悩みに、「不眠」と「睡眠不足」がありますが、
睡眠障害が、肥満の一つの原因になるという研究結果も出ています。

睡眠不足になると、食欲を亢進させる、つまりお腹が空いたと感じる、
グレリンというホルモンが増え、
反対に、食欲を抑制する、つまりお腹が満たされ食べるのを止めようとする、
レプチンというホルモンが減るので、肥満になる、肥満になりやすいと考えられています。

また、睡眠不足は、グレリン・レプチンとは別に、コルチゾールというホルモンも、
インシュリンの分泌を促し、脂肪を合成するので、肥満なりやすい原因になります。

このように睡眠不足でおきる、ホルモンのアンバランスは、
自分の意思に関係なく体内でおきて、肥満の原因になっているので、
睡眠不足の解消が、肥満の予防の一つになります。

「不眠」は寝つきが悪く、なかなか眠れない、
早く寝よう、眠らなければと思うほど、あれこれ頭に浮かんで、頭が冴えて眠れない。
社会人の方なら、今までこんな経験は何度かあるかもしれません。

また、
・一旦眠りについても、夜中や明け方に目が覚める。
・なんとなく疲れが取れなくて、目覚めがスッキリしない。
・起きなくてはと思っても、まだ寝たりない、もっと寝たい。
・目覚まし時計で、すぐ起きられない。
・熟睡感がない。
・昼間、睡魔に襲われる時がある。
・ちょっと横になると、すぐ、うたた寝してしまう。

と、睡眠不足が心配される本人にとって、深刻な症状がいろいろあります。

そういう「現在の睡眠で休養が十分取れていない」とされる人は、
 20~29歳  16.9%
 30~39歳  21.6%
 40~49歳  23.0%
 50~59歳  17.4% 
 60~69歳  10.4%
 70歳以上   7.9%
 平均      14.9%   (平成24年国民健康・栄養調査結果)より

で、20~50代で、十分に睡眠が取れていない人が多いことが解ります。



子供達に広がる睡眠不足


以前の子供達は、外で思いっきり遊んで、遊び疲れて、夕ご飯もそこそこに、
寝てしまう事が多かったのに、最近の子供は、勉強や、塾、クラブ活動と忙しく、
テレビアニメにスマホゲーム、友達もスマホや携帯で、
だらだらと、夜遅くまで付き合ってしまう最近の時代です。

パソコンやスマホの液晶LED画面は、赤・黄・緑・青等の光が出ていますが、
特に青色の光が、人の目に負担を与えます。

青色の光は、太陽の光も含まれているので、本来夜、目から太陽光を浴びるはずがないのに、
夜も太陽光が目に入ることで、体内リズムや自律神経機能狂わせ、
脳が興奮状態で、睡眠を阻害します。

とくに、小・中学生には、健康な睡眠のために、寝る前の何時間かは、
パソコン・スマホ等の画面は見ないよう、親がよく注意する必要があります。

睡眠不足は、肥満の原因になるだけでなく、高血圧や、糖尿病の患者さんの多くは、
不眠の悩みを持っているし、また、不眠や睡眠不足になると、
高血圧や糖尿病の、発症率が高くなることもわかっています。

生活習慣病の薬を飲んでいる方が、睡眠不足になると、薬が効きにくくなる場合も、あるそうです。

また、「うつ病」の方の、9割近くが不眠ですし、
不眠になると、「うつ病」になりやすい、という因果関係もわかっています。
うつ病だけでなく、パニック障害や不安障害などの精神疾患に、不眠が深くかかわっています。

大切な睡眠の質と時間


睡眠は動物にとって、身体の健康と心の健康に必要不可欠で、
質の良い睡眠は、脳が休息し、翌日すっきりした働きをするために、とても大切な時間です。

寝る前の飲食も、睡眠の質を落とすし、肥満の原因にもなるので、
出来るだけ3時間前までに、済ませる努力も必要です。

睡眠時間はに個人差がありますが、極まれに、4~5時間の睡眠で、
なんの問題もなく生活している方もいます。
現代人は睡眠不足を感じている方が断然多く、成人で、6時間半から、8時間未満、
平均7時間前後が、最適だとされています。

睡眠には、睡眠の質と、睡眠時間の両方が大切です。
自分にあった睡眠を見つけ、健康生活を維持しましょう。

   

最近の新しい傾向に、昼寝の効用に目をつけ、学校や職場で、
短時間の昼寝を取り入れたところが出てきました。

厚生労働省が2014年3月に公表した新睡眠指針に、
「午後の早い時間帯に、30分以内の短い昼寝をすることが、
作業能率の改善に効果的」と明記されたのです。

ニュースにも取り上げられ、良い効果が出ていることもありますが、
やはり原則は、毎日十分な睡眠を取り、体調を整える事が大切で、
昼寝は30分以上眠ると、起きてから頭が働き始めるまで時間がかかって、
かえってよくないと、注意の必要も喚起しています。




関連サイト
  意外と多い、身近にある肥満になる原因(食べ方以外の原因)

  肥満になる原因の困った便秘を改善・解消

  自律神経やホルモンがバランスよく働かない事が肥満の原因
 
  食生活の変化で、ビタミン・ミネラルが不足して肥満の原因に  

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。