食生活の変化で、ビタミン・ミネラルが不足して肥満の原因に

現代食生活はカロリー過多、ビタミン・ミネラル不足


現代は食生活が変化しても、カロリー摂取は満たされているけれど、
どうしてもビタミンやミネラルが、不足すると言われています。
食べ物の炭水化物や、脂肪からカロリーを取り入れても、
それを代謝してエネルギーや生命維持作用に効率よく変化させ消費しないと、
脂肪として、体内に残り蓄積されて、肥満の形であらわれます。

肥満気味な方や、色々ダイエットを試みた方に、
ビタミンやミネラル補給を一度考えてみてはいかがでしょう。

私達の身体は、約96%が、タンパク質・炭水化物・脂構成肪の主要成分からできており、
炭素(C)・窒素(N)・水素(H)・酸素(O)の、4元素で構成されています。
地球上に存在する118種類の元素の内、4元素を除く114種類の元素が、
身体の残りの約4%を構成していて、それをミネラル(mineral 鉱物)と呼び、
ビタミンが炭素・水素・酸素などからできている有機物ですが、
ミネラル無機物で、栄養学的には無機質と呼んでいます。

ビタミンとミネラルは似たような働きをしますが、まったく違うもので、
ミネラルは、体内でおきている化学反応(代謝)の触媒のような働きがあり、
骨や歯の組織成分でもありますが、細胞内のイオン濃度を調節したり、
細胞膜の浸透圧に関係したり、酵素を活性化させたり、
血液や体液のPHを弱アルカリ性の一定に保ったり、
と、原子レベルで複雑、緻密、重要な作用に関係しています。

このビタミンもミネラルも、人体の組織や生命生理機能を正常に機能させるためには、
多すぎても、少なすぎても、何かの不調・症状につながります。
殆どのビタミンと、全ミネラルは体内で作ることができないので、
私達は食物として、常に口から摂取し続けなければなりません。

そして、ミネラルが不足すると、各ビタミンは機能が発揮できず、
体外に排出されてしまいます。

あまりなじみのない、ミネラルも微量でいいので、
バランスよい食事を摂ってさえいれば、取り立てて、問題はないのですが、
好き嫌いが多くて、偏った食事をしたり、
何かの理由で、一部のミネラルを多量に消費した時に、
不足して、症状になって現れます。

例えば、体温調節のために、多量に汗が出るとき、
汗と共に塩分(ナトリウム・塩素)が、体外に出てしまうので、
水分と共に、塩分も補給しなければいけません。
スポーツした時や、夏の炎天下での遊び時に、塩分・糖分入りの飲料水を
すすめているのは、この理由からです。
風邪などで、熱のために汗びっしょりの時も、同じですね。

ミネラルは代謝をよくし、肥満の解消にも関係します。


ミネラルは、身体の代謝にかかわる酵素の働きに関係し、
バランスよくミネラルが使われることで、代謝がスムーズに行われ、
効率よく生命活動が維持されれば、肥満の解消にもつながります。

ビタミンも、ミネラルも50年前と比べて、
食物が驚くほど豊富になったにもかかわらず、食物に含まれる成分が、
8分の1から20分の1ぐらいまでに、ぐんと減少しています。
また、少なくなった栄養分も、収穫時期やその調理法・保存方法でも減ってゆきます。
現代人はもうサプリメントで補わないと、微量のビタミンやミネラルさえも不足しています。

私達一般の食生活も、程度の差はあるにしても、
加工食品(インスタント食品・冷凍食品・お菓子類・ファーストフード)や
外食を利用していない人は、今や殆どいないでしょう。
加工食品は、味はいいし便利なものかもしれませんが、
加工する段階で栄養分は、大部分が失われます。
だけど、添加物(保存料・香料・発色剤・乳化剤等)はしっかりと・・ネ。


私達の食卓は、もう自給自足できないので、自分で出来るだけ、
自然に近い形で野菜や魚・肉を手に入れ、加工食品をなるべく使わず、
自分で調理するよう心がけたいです。
特に子供のいる家庭や、これからの永い将来ある若者には、
実行してほしい食生活です。


  

  




関連サイト
  意外と多い、身近にある肥満になる原因(食べ方以外の原因)

  睡眠不足が、肥満の原因の一つになる?

  肥満になる原因の困った便秘を改善・解消

  自律神経やホルモンがバランスよく働かない事が肥満の原因
 

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。