意外と多い、身近にある肥満になる原因(食べ方以外の原因)

食べ方以外が、原因になる肥満


 身近にある肥満になる原因の中で、食べ方以外にも、肥満になる原因が沢山あります。

原因は「運動嫌い」
とにかく体を動かすことが、好きじゃない方、大体は肥満の方が多いですね。
デスクワークの多い方は、意識的に運動の機会を持ちましょう。
主婦で、きちんとこまめに家事をこなし、買い物には、徒歩や自転車で出かけることで、
自然に運動したことになり、肥満でない頼もしい健康体のお母さんは、大勢います。
 
原因は「便秘」
「便」は体質や環境、食べた物によって、排便間隔は違っていて、
毎日出なくても、そう心配することはありません。
日本内科学界では、便秘は「3日以上排便がない状態、
または毎日排便があっても残便感がある状態」と定義しています。

でも、やはり、なるべくは毎日一回は、決まった時間に排便できる方が、
身体に良いし、健康的です。
便秘でないことは、お腹が張らないので、気になることもなく、
気分さわやかで、本来の仕事や、やるべきことに専念できます。
それに、食べ物もおいしく、食事が楽しくできます。

しかし、そうでありたくても、便秘になった時、
又は、常日頃から慢性的な便秘の方は、悩みは深刻です。
常にお腹の状態が気になるし、ポコッと出たお腹は、
ウエストサイズに影響し、お腹辺りのシルエットを考え、
目立たないような服を、選ばなければなりません。

そこで、肥満の原因にもなる便秘の原因と、
便秘の解消に良いとされる食品を、選んでみましょう。

原因は「不眠・睡眠不足」                   
個人差のある睡眠時間は、短すぎても、長すぎても、身体に良くありません。
成人の良いとされる、平均睡眠時間は7時間半前後。
睡眠は、人間の楽しみの一つですし、生命維持、健康生活の維持に
欠くことは出来ません。

昔の拷問の一つに、「眠らせない」があったそうですが、
1日2日は耐えられるかもしれませんが、
それ以上は、精神異常か、生命の危険さえもでてくると、想像できます。
そんな大切な睡眠を大事にし、睡眠障害からくる、身体と心の健康を
考えましょう。

原因は自律神経やホルモンのバランスの崩れ
強いストレス等を受けると、自律神経やホルモンに影響が出て、
正常バランスが崩れて、感情が不安定になったり、眠れなかったり、
食欲が異常になったり、免疫力が落ちたり、
女性の生理が不順になったりと色々症状が出ます。

肥満は自律神経やホルモンが、微妙なバランス状態に変化が起こった時、
食べ過ぎたり、痩せにくくなったりという現象であらわれます。

自律神経失調症や、更年期障害などの言葉も、よく耳にすることがありますが、
これらも自律神経、女性ホルモンのバランスが崩れて出る症状です。
程度は様々ですが、バランスが崩れて症状が出て初めて気付く、
身体の内部で起こる不調です。

自分の意志ではどうにもならない、良く判らない厄介なバランスですが、
たまには、絶えず静かに働いてくれる自律神経やホルモンのことを、思いやりましょう。

                   
原因は食事の変化によるビタミン・ミネラルの不足

・加齢
睡眠不足が、肥満の原因の一つになる?
不眠と睡眠不足が肥満の原因 現代人の睡眠に関する悩みに、「不眠」と「睡眠不足」がありますが、 睡眠障害が、肥満の一つの原因になるという研究結果も出ています。 睡眠不足になると、食欲を亢進させる、つまりお腹が空いたと感じる、 グレリンというホルモンが
肥満になる原因の困った便秘を改善・解消
便秘にどうしてなるのでしょう?  ・高齢者や女性は、排便時に必要な括約筋や腹筋の力が弱いので、便秘になりやすい。   排便のタイミングも、環境や気分に影響されやすく、タイミングを逃がすと、   段々便意を感じにくくなり、それが、便秘になるきっかけを作って
自律神経やホルモンがバランスよく働かない事が、肥満の原因
原因は自律神経やホルモンのバランスの崩れ 自律神経やホルモンがバランスよく働かない事が、肥満の原因になります。 「神経」は、身体全体に網目のように張り巡らされており、 中枢神経・・・身体にとって生命の根幹に関係する重要な神経で、頭がい骨の中や脊柱
食生活の変化で、ビタミン・ミネラルが不足して肥満の原因に
現代食生活はカロリー過多、ビタミン・ミネラル不足 現代は食生活が変化しても、カロリー摂取は満たされているけれど、 どうしてもビタミンやミネラルが、不足すると言われています。 食べ物の炭水化物や、脂肪からカロリーを取り入れても、 それを代謝してエネルギー