肥満の度合いの測定・肥満度チェック方法

肥満の度合いの測定・肥満度チェック方法
自分の身体はどの程度肥満なのか、簡単な計算でその度合いがわかります。
基本となる数値の、身長と体重の内、身長は、日々そんなに変化はありませんが、
中年以降は一年に一度は計量してみると、少しずつながら、身長が減少、
つまり背が低くなってゆくのがわかります。
体重に至っては、日々の食事状態などで、増えたり減ったりと微妙に変化があります。
またダイエットをしている方には、その成果が一番早く体重にあらわれるので、
体重の数値は、肥満度を知る大切な数字です。
自分の肥満度を計算し、肥満度のチェックをしましょう。


(1)体重と身長で調べる肥満度
BMI(体格指数)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
         =体重(kg)/ (身長×身長)(m)

どちらで計算しても同じですが、その数値により
BMI指数
やせすぎ     やせ気味     理想体重 肥満ぎみ     肥満
17.6以下    19.8以下     22      24.2以上       26.4以上

BMI指数肥満度
やせ(低体重) 普通体重 肥満度 1 肥満度 2 肥満度 3 肥満度 4
18.5未満 18.5~25未満 25~30未満 30~35未満 35~40未満 40以上


(2)別の計算方法による肥満度(以前使われていた方法)
標準体重=(あなたの身長-100)×0.9
肥満度=((あなたの体重-標準体重)÷標準体重))×100

痩せすぎ     痩せ気味      正常       太り気味     太りすぎ
(-20以下 )  (-10~-20)    (-10 ~+10)   (+10~+20)    (+20以上)


(3)体脂肪率で調べる方法
男性 体脂肪率  15%≦正常範囲≦20%  25%≦肥満
女性 体脂肪率  20%≦正常範囲≦25%  30%≦肥満

最近は体重と体脂肪率がセットで判るヘルスメーターが、お手頃値段で、購入できます。
さらに詳しい内臓脂肪や基礎代謝、筋肉量や骨量を測定できる、
体組成計機能付きも出ています。
健康生活を意識している家庭には、肥満度チェックに一台は欲しい健康器具ですね。


(4)メタボ診断のための方法
内臓脂肪蓄積の判断には、腹囲の計測をします。 
腹囲(へそ周り)    男性 85cm以上
             女性 90cm以上
が、メタボリック症候群の疑いがあります。


健康診断基準値範囲の更新
健康診断の新基準値範囲 日本人間ドック学会と健康保険組合連合会は、2014年4月、血圧や肥満度などについて、 健康診断や人間ドックで「異常なし」とする値を緩めると発表しました。 学会は新基準を今年6月に正式に決め、来年4月から運用する予定です。