肥満はなぜ怖いのか、 肥満は驚くほど多くの病気の要因

あなたは、肥満ですか?


私は自分のこと、肥満だと思っています。
程度はそれほど強くないかもしれませんが、太っています。
身長も低いので、まあるい、そう、丁度歌手の天童よしみさん体型です。
実は、体重が毎年少しずつ増えてきたので、気になっています。
「肥満は万病のもと」といわれているし、年齢を重ねるにつれて、
だんだんと、健康に気遣う必要がでてきました。
肥満はメタボ・癌・心疾患・脳卒中・糖尿病・高血圧症等の生活習慣病等の
怖い病気の要因になることは、良く知られています。
体重は、増えるのはとても簡単ですが、一旦増えた体重を減らすことは、
とても難しいのことは、ご承知のことと思います。
このやっかいな肥満の悩みについて、何故肥満になるのか、肥満がなぜいけないのか、
肥満の対策や解消法、肥満からサヨナラするのに、何か効果的ないいモノはないだろうか、
などを、ここで詳しくご紹介いたします。


肥満の原因


肥満の原因の一番は、必要な量以上に食べるからです。いわゆる食べ過ぎ。
世の中には美味しいものが沢山あります。
本当は誰でも美味しい物を、好きなだけ食べたいです。
でも食べた物にみあう運動をしないと、身体は肥満になるのです。
食べること以外にも、肥満になる原因が色々あります。


肥満とは?


では、そもそも肥満とはどういう状態のことをさすのでしょう。
肥満とは、体脂肪が必要量以上に多く、体内に蓄積している状態をいいます。
もし体重が重い人でも、筋肉量が多いスポーツマンなどは、肥満といいません。
反対に体重が軽くても、筋肉をあまり使っていなくて、体脂肪が多い状態の人は肥満です。
「かくれ肥満」や「サルコペニア肥満」という言葉がありますね。


肥満を調べる方法


肥満であるかどうかを、数値で表す方法がいくつかあります。
自分は肥満なのか、そうでないのか、
肥満なら、どの程度肥満なのか、一度は計算して知っておきたいですね。


肥満が引き起こす病気


2010年までの長い間、日本人の3大死亡原因であった、癌、脳卒中、心臓病に、
「肥満」が直接にしろ間接にしろ、大きく関係していることが、知られています。
(2011年以後は、高齢化の影響で、死因の第3位に、肺炎が浮上してきました。)
その他にも、万病のもとである、生命にかかわる生活習慣病にも大きく関係しています。
肥満の解消は、健康で長寿のための、基本的生活改善目標にしなければならないことです。


肥満の解消


肥満になっている人が、少しでも体脂肪を減らすためには、どうすればよいのでしょう。
いくつか方法がありますが、自分が実際にやれることを一定期間以上継続してやらないと、
どんないい方法でも3日坊主では、期待している結果は望み薄です。
速効より、やれることを長く続けるほうが、身体にとっても安全です。


肥満の予防


日頃から肥満にならないため、健康的な体型を維持するために、
どんな注意をすればいいでしょうか。
肥満は、年齢と共に、自分の身体にリスクを増やすことになります。
近年は、子供の肥満も問題になっていますね。



肥満は遺伝するって本当?


私の父は肥満ではなく、若い時からもずっと標準体型。
母は若い時はスリムだったが、中年以降は肥満気味で下半身デブでした。
兄も弟も標準体型。私だけが、肥満気味。
あなたのご両親、兄弟姉妹の体形は、どんなですか。